小松覚先生のお話

2018年3月29日 木曜日

奇跡のヨーグルトを作ってみました。  小松先生からのお話

こんにちは、SOULPUREの西川満也です。

今日は、先日の小松覚先生の健康セミナー発
腸活に最強のヨーグルトの作り方をご紹介します。


「材料」 お店に並んでいるヨーグルトの中で、腸の菌と同じものが、
     なるべくたくさん入っているもの、
     雪印メグミルクの「恵」赤ラベル(青ラベルは使えません)
     又は、ブルガリアヨーグルトです。

「用具」 フライパン等の底の広めの鍋、木べら

     ガスコンロを使います。
     (IHなどの電磁調理器は使用しないでください)

     粗熱を取るための水を張ったボール

     できたヨーグルトを入れるボール

 
 手 順

(1) 鍋にヨーグルトをそのまま入れる。 


(2) とろ火でよくかき混ぜながら温めていきます。
  周りからプツプツしたのは、混ぜが足りないので、
  外だけ熱が通っています。

  ※鍋の中央より、側面の温度が高くなり易いので、
   側面に沿って大きくかき混ぜるようにして下さい。


(3) 中央でぷくっとなったら直ぐ火からおろして、ボールにヨーグルトを移します。


(4)   水をはったボールに入れて冷まし粗熱を取ります。
  ※鍋のままだと、熱がさらに伝わってしまい、分離します。
   そして効果がなくなるので要注意sign03


(5)粗熱をとって冷蔵庫に保管する
   ※賞味期限と同じだけ日持ちするので、
   作り置きして冷蔵庫で保存ができますよ。

   できたヨーグルトに、
   お好みで、フルーツやジャム添えたり、蜂蜜をかけて食べてもOK



  う・ん・ち・く

※乳酸菌からでる産物や、死骸が酵母の餌になり、
 酵母からでる産物も乳酸菌の餌になるので、
 このバランスが大事なんだそうです。  


※人間の腸内にある乳酸菌の種類は47種類もあります。

 生きて腸まで届く乳酸菌とか、たくさん開発されていますが、
 実際には、腸の中に元々生きている乳酸菌の環境に、
 生きたままの乳酸菌、しかも、人の体の菌と違う乳酸菌が
 入ってきたらどうなるのでしょう?

 なんと、腸内で、乳酸菌同士の戦いが始まるのです。
 そして、その結果、死んだ菌が便として排泄されているのです。

 実際には、その結果、腸内の乳酸菌が減少して、
 腸内環境が悪化するということが起きているのです。

皆さん是非作ってみてください。


投稿者 有限会社SOULPURE

大きな地図で見る

〒251-0053
神奈川県藤沢市本町2-10-17

ホームページを見たとお伝えください TEL 0466-65-3310

予約受付:平日11:00~20:00
定休日:毎週木曜日・毎月1回水曜日
(不定の為お問い合わせください。)

お問い合わせ 詳しくはこちら