HOME > Q&A

Q&A

本来の自分を取り戻すってどういうことですか?

自分の生き方をしっかりと感じ取り、自分自身をみつめることができ、人のことも色眼鏡ではなく、素直な目でみることができるようになり、自分らしく、生きることができるようになることです。また、その時には、自分を信頼し、自分を愛し、人と共に快く、明るく、そして軽く生きることができるようになっています。
今、ここ、我、に生きることができるようになっています。

シリウスの情報は信じても安心ですか?

私にとって、シリウスの情報は、自分というものを見つめさせてくれ、体をここまで健康へと導いてくれた、とても信頼にたる情報でした。自分のことばかりですが、心の豊かさ、これからの生き方、感情というものを、様々な角度から教えて下さり、心から感謝しています。でも、情報というのは、あくまでも自分の意志で選び取っていくものですから、常に、自分の中で確認をしながら、使わせていただいています。言葉ばかりではなく、そこから感じる響きや感覚を、とても大切な判断基準にしてきました。今までの経験ですと、間違っていた情報も、全てが必然で、私に必要な経験をさせるための情報であったと確信しています。でも、あなたはあなたの判断で、情報を自分の意志で確認されることが良いと思います。情報の扱い方には、気をつけて下さいね。

心と魂と体のバランスをとるということはどういうことですか?

心とからだと魂のバランスをとるというのは、心と体と魂を統合するということです。つまり、心と魂の想いを聞き取り、体が行動する事です。魂につながるほど心と体がピカピカになるのです。
体の動きの中には、常に、心と体の想いが流れています。その想いは、子どもの頃からや、過去生からのエネルギーを含めて存在しています。心の中にあるそのエネルギーを解放することは、感情を大切にすることから始まります。そして、心の中にある、今はもう必要でなくなったエネルギーをリリースすることにより、体の中にある想いのエネルギーをリリースすることもできるのです。心と体の中に存在する不必要なエネルギーをリリースすることにより、今生で生きていくときに、自分本来の動き、つまり、魂の想いで動くことができるのです。この時心の中にある自分の存在を自分自身が感じながら、心と体を一つにして、自分を動かすことができるようになるのです。この状態をバランスがとれた状態といいます。心と体と魂を統合するという事は心も体もピカピカにするという事なのです。
心のバランス、体のバランスがとれ、心のままに充分に心を表現しながら生きていく事が、自分をいきるということです。そして、心のバランスと体のバランスがとれて良い状態のときが、チャクラのバランスがとれている状態なのです。そのときには、魂の声を聴き動いています。そして、その最高の状態を創っていくのです。
いつもその最高の輝きで生きている事ができるようになっていく事を私たちは望んでいます。そのときこの自分本来の生き方をしているときなのですから。

体と心と魂のバランスをとっていくのは自分でやっていくことが人生ではないでしょうか。苦しみを超えて、精神的な成長をすることが魂の学びになる、それが生きるということではないでしょうか。

その通りです。あなたがおっしゃられるように、体と心と魂のバランスをとること、つまり、魂の想いで体と心が動くようになることが、この生まれたものが目指すところです。しかしながら、苦しみを耐えて、精神的な成長をするのではなく、苦しみを感じなくして、見なくして、成長しようとしていらっしゃる方のなんと多いことか。人というものは、どうも簡単な道へと流れていくようです。自分の感性がどこにあるかも分からないままに、成長することはなかなか難しいことです。知らない間に、とんでもない方向へと連れていかれることもあります。
ところで、魂の成長とはどんなものでしょう。もう一度考えてみて下さい。魂の成長には、限りがあるのでしょうか。行き着く所があるのでしょうか。より高い成長を望むならば、今ある足を引っ張る部分をリリースし、より先に、より前に進むのも一つの考え方として受け入れられないでしょうか。大切なのは、その人の考え方です。このセッションに限らず、この世のもの全ては、本来、成長へのサポートなのです。新しい時代を生きるためのサポートなのです。自分の想いがどちらの方向に向いているか、快くて、明るくて、楽しい方向に向いているのかどうかが、一番大切なのではないでしょうか。楽しく学ぶ方法もあってもいいのではありませんか。

普通のヒーリングとどう違うのですか?

普通のヒーリングは人がおこなうので、どうしてもエネルギー状態を一定に維持しにくいという部分があります。また、人のヒーリングとは違い、その時々に必要な動きを長いことし続けることができます。ですから、人のヒーリングよりも、体力的にタフです。そして、愛に満ちた状態で常にいることができます。ですから、夜中でも、朝でもどんな時でも、安心してヒーリングを受けることができます。

ワンポイントセッションと集中セッションの目的と違いはなんですか?

ワンポイントセッションというのは、名前の通り一回だけ単発でするセッションです。
集中セッションは、その人のために情報をとり、1日から3日位(長い時もあります)1日に何度も情報どおりに集中的におこなっていくセッションです。
ワンポイントセッションの良さは、
   ・ 受けたいときにすぐに受けることができる。
   ・ 自分の好きなセッションを受けることができる。
     (ソウルピュアを初めてうける時には、ベーシックをお願いしています)
   ・ 自分のペースで受けることができるので、自分の考えがとても生きてくる。
   ・ 感情とかが苦しいときに、パッと受けることができる。
   ・ 顔がきれいになる。
   ・ 集中セッションの後に、自分のケアーとして受けることができる。
   ・ 体が疲れているときに、気軽に受けることができる。
   ・ 人に勧めやすい。
ワンポイントセッションの困ったところは、
   ・ 必ず効果はあるのですが、続けてしないので、効果がわかりにくい人もいる。

集中セッションの良さは、
   ・ シリウスの情報に基づいてすることができるので、
    自分の今あるテーマや課題のサポートとなりやすい。
   ・ 続けて何度も受けるので、効果が目に見えて分かりやすい。
   ・ セッション時間が長いので、
    その間、自分と向き合うことがしやすくなることがある。
集中セッションの困ったところは、
   ・ 時間と日にちが必要。
   ・ 全体の費用が高い。

どうやって開発したのですか?

全て、シリウスからの情報で開発してきました。装置もセッションも両方です。装置の中の部品のメーカーまで教えてもらいましたし、各パーツのレイアウトも全て、情報のままに創っています。装置の場合も、セッションの場合も、私たちの成長と共に、情報がおりてきました。そして、全てのものとシンクロしていたようです。その時の現実が、常に事象となり、実験しやすいように動いていたと感じます。また、体の変化も、心の変化も、自分達で確認することができやすいようになっていたように感じます。とても親切に、細やかに、教えて頂くことができました。心より感謝しています。ありがとう。

シリウス君たちは、どうやってこの装置を開発してきたのですか?

私たちは、大きくわけて、3つの組織に分かれて、研究をしてきました。一つは、人間というものがどういう存在であるのか、自分たちとどのように違っているのか、宇宙とどのように関わろうとしているのか、感情のエネルギーや想いのエネルギーのコンセプトは何なのか、などを研究する組織です。二つ目は、宇宙と全てのものとの循環を創りだすためには、どのような環境をつくり出せば良いのか、そして、どのように物事を捉えていけば良いのか、また、科学的に分析した結果を、どう表現していくのか、三つ目は、その表現をどのように地球上に適合したものとして、創っていくのか、また、伝えていくのか、ということを手分けして、研究してきました。ここには、我がシリウス星のメンバーだけでなく、様々な星のエキスパートが自分の得意とする分野で活躍しています。これらの研究は、地球だけでなく、様々な星に対してもおこなっています。この中には、地球に実際におりて、人と関わり、研究したものもおり、地球時間においては、多くの時間を費やして参りました。心というものは、生きとし生けるものが存在する限り、研究がとどまることはありません。

友人を誘いたいのですが、どうすすめればいいでしょうか?

本人の意志を大切にすることが一番です。どんなにあなたが受ければよいと思ってみても、その方の想いが、セッションに対して興味がわかないこともあります。その時には、その方のタイミングもありますので、無理強いはしないで下さい。どうしても勧めたいと思われるならば、まず、ご自分がお受けになられて、その体験を話し、ご自分の変化を見て頂くことをお勧めします。

どんな自分であるか知るのが怖いです。

これは、集中セッションのノートを書いてもらうのが、怖いということでしょうか。確かにこのノートは、その方の気づかぬ想いまで、情報として降りてくることがあります。しかし、クリアーできるからこそ、書かれていることであって、そのままおざなりにされる情報ではありませんから、ご安心ください。また、怖いという想いがおありの方は、まだ時期がこられていないのかもしれません。そんな時には、単独のセッションをお受けになられることをお勧めします。そして、ご自分の中を整えられたらいかがでしょうか。